https://tanetan.com/JazzyNight

サックス奮闘記 怒涛のレッスン日誌ー入門編ー

怒涛のレッスン日誌ー入門編ー 【サックス奮闘記】第18日目 ~暗譜の重要性とは~

2016年12月18日

2001年3月9日投稿

こんにちは、たねたん@clara525)です。

またまた練習できずに一週間(ノ_・。)
先生とのメールには

T先生
そろそろ一人ずつで吹いてもらおうと思ってます。
他人の音を聞くと、絶対いい刺激になるしねっ

とのこと。

うーむ、確かにそうなんだけど・・・。
超緊張。

今日のレッスンは『ラバーズ・コンチェルト』

[amazonjs asin="B0007OE136" locale="JP" title="ラヴァーズ・コンチェルト~サラ・ヴォーン・ベスト"]

さすがに私達も段々慣れてきたので、先生もどんどん進める(^_^;)

しかし、前回からやってるタンギングがどうもうまくいかない。
そしてやっぱりオクターブキー

ひとりでブハー!と低い音をだしてしまう(ノ_・。)

特にこの曲は、オクターブキー押しっぱなしの曲なんだよねえ。
ハイ、練習すりゃできんのよね、きっと・・・練習、練習・・・・・

で、先生から突然の告知!

T先生
4月1日に発表会があります!
自由参加ですが、当然みなさん参加ですよねっ( ̄ー ̄)ニヤリ

自由参加っていっても・・・・・(悩)
レッスンの最初にその話をされて、固まったままでの今回でした。

最後は、誰もが知ってる『チューリップ』を吹いて、
楽譜を頭にいれておくことの重要性を説明してもらった。

いわゆる、「暗譜」ってやつだよね・・・(-_-;)

頭に楽譜が入ってる=知ってる曲ならば、そりゃ運指が楽に・・・って、おい!
楽譜キッチリ頭に入ってるのに指が動かない場合はどうすればっ?!(とほほ)

 

NEXT > 怒涛のレッスン日誌ー入門編ー 【サックス奮闘記】第19日目 ~管楽器でのシャープの扱い~

  • この記事を書いた人

たねたん

JAZZ好き元ライター。『たねたん・どっとこむ』内でのかつての人気コーナー「Jazzy Night」「サックス奮闘記」を現在こちらに鋭意移築中。Sonny Rollinsが一番大好き。最近はライブで生音浴びてないのが悩み。

-サックス奮闘記, 怒涛のレッスン日誌ー入門編ー
-, , ,

Copyright© Jazzy Night by たねたん・どっとこむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.