京都 国内旅行 関西

【京都】天の磐船(貴船神社奥の院)へ

天の磐船

https://tanetan.com/tabiholic

貴船の更に奥へ

 

貴船 カフェ

 

カフェらしき店があった。

メニューを見てみるとアッサムやらオレンジペコやら書いてあるので、やはりカフェらしい。
(オレンジペコは紅茶葉の等級であって葉の種類じゃないんだけど・・・)と心のなかでツッコミを入れながら店の前を通り過ぎる。←一時期紅茶にドハマりしていた人

天井が高くこの辺りの景色にあわせた和風建築の素敵なカフェだったのだけど、まずは昼ごはん食べないと(^^;)。

そしてその前に、まだ貴船神社の奥の院に行かねばなのだけど。

 

貴船にきてすごく思ったのは、果たしてここは東京でいうとどこにあたるのだろう、ということ。

位置的には高尾山辺りなのかもしれないけど、こんなに風情ある場所は東京には無いような気がする。
風情だけを求めれば下町あたりと似ていなくもないが、残念ながら自然がこれほどはない。
自然と、風情と、全てを兼ね揃えているのはやはり「古都・京都」ならではなのかな、という気がする。

 

たねたん
う~ん、やはりいつかは京都に住みたい♪( ̄▽ ̄)
だって京都に住んでいれば、こんな場所もすぐ来られるのに~

でも、実際住んでたらそうそう来ない場所なのかな・・・
そういえば京都生まれ京都育ちの友人も、貴船にはあんまり来た事ないって言ってたっけ。

ま、東京人の私も、東京タワーに行ったのはずいぶん大人になってからか(^0^*オッホホ

 

天の磐船(あまのいわふね)

いよいよやっと、奥の院へ到着(´ヘ`;)ハァ。たいしたこと無い距離なのだけど、限りなく平らに近いダラダラの上り坂はすきっ腹には結構堪えた。
(筋肉痛ものだな、こりゃ・・・)

 

天の磐船

まず目に飛び込んできたのが「天の磐船」

 

由緒正しき伝統のあるものかと思いきや、その説明書きをよく読んでみると、「平成八年三月」とある。

天の磐船 説明版

 

はぁ??(・・?

 

どうやら自然にこの形で掘り出された天然石であることは間違いなく、この先の奥宮にもともと奉られている「舟形石」にちなんでこの石もこちらに奉納されたのだとか。

貴船神社は名前のごとく、船に所縁のある神社なので、そういうことなのでしょう。

 

和泉式部歌碑

和泉式部歌碑

 

 

奥宮が本来の貴船神社なのだということは・・・・。
もっと先に進めってか。
夫婦間の危機をこの神社で祈って乗り越えた和泉式部の歌碑などをしげしげと眺めつつ、私達は先を急いだ。

 

相生の杉(あいおいのすぎ)

 

京都 貴船 古い家

ふとみると、なんともいえない渋い建物発見!
屋根の上がいい具合に苔むしていて、なんともいえない風情をかもしだしている。

はぁ、こういうのは逆立ちしても東京では無理っすな・・・(^^;)
京都の山奥ならでは、という気がしてしまう。

いや、こんな風景はきっと昔の日本では普通の情景だったのだろう。
私達が西欧的な景色に見慣れすぎてしまっているのかもしれない。

たねたん
嗚呼、こういう家に住んでみたいなぁ・・・メンテが大変そうだけど(^-^;

私の田舎住まい願望はこういう建物を見るにつけ、どんどん高まっていくのである。

しばらく進むと、「相生の杉」なるものが。

 

相生の杉

 

この大杉のふもとの立て看板には、以下のような説明があった。

相生の杉

相生(あいおい)の杉(ご神木)
同じ根から生えた二本の杉。
樹齢千年。
相生は「相老」に通じ、夫婦共に長生きの意味。

 

 

たしかに立派な大木でございますよ、ハイ(-。-;)。
だからって嫁にいかない(いけない?)娘になんでも関連づけるなちゅーの・・・。
ワタクシは父上・母上のように歳をとってもこうして仲良く娘と共に旅にでられるような相方を探していきますのでご安心くだされ・・・。
はぁ・・・(-"-;)

 

それにしても、よくもまぁこんなにお育ちになったもので・・・。
ため息がつい出てしまいます。

アメリカにはこの手の大木ばかりが集まった森なんてザラにあるので、それと比べると全くたいしたことはないはずなのだけど、狭い日本の中、しかもほっそりとした北山杉が生い茂る京都の山奥でこの立派な大木を見てしまうと、改めてそのすごさに圧倒されてしまう(-_-;)

 

以下のランキングに参加しています!
記事執筆の励みになりますので、よろしければクリックして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行・観光(全般)ランキング

それから、Twitterもやっております!
フォローして頂ければ、こちらのブログの更新情報が届きますので、(そろそろ更新されたかな?)とチェックする必要が無いので便利です♪

-京都, 国内旅行, 関西
-, , , ,

© 2020 Tabiholic 旅ホリック Powered by AFFINGER5