Tabiholic 旅ホリック

元ライターたねたんの旅の記録とおすすめスポットのご紹介。

カナダ ビクトリア

【カナダ】【ビクトリア】花と水の都「ビクトリア」で一日観光&ショッピング!

更新日:

https://tanetan.com/tabiholic

いざ、ビクトリアへ!

昨日ポートランドからアラスカ航空でバンクーバーに到着してから2日目。
この日は「ビクトリア島」という場所で一日観光&ショッピング♪
旅行好きの友達から素敵な場所と以前聞いていたので、すごく楽しみにしてました( ̄▽ ̄)

↓ビクトリアに関する情報はこちらから↓

 

ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の州都であるコロンビアは、その名の通り、英国の歴史的な影響を色濃く残す町、という事で、英国文化LOVEな私はワクワクドキドキが朝から止まらないっ♪

ホテルで軽い朝食を取った後、迎えに来てくれたバスに乗車。
今回の旅は現地に着いてからネットで日系の旅行会社に前日に申し込しこんだが、JALのツアーでもオプションとしてこのビクトリア観光もある。




ビクトリア市内とブッチャートガーデン半日観光(ビクトリア発)【車いす参加可能】

 

初めて訪れる場所(特に海外)では、例え個人旅行であっても、効率的に名所を廻れるこういった現地一日(半日)ツアーを申し込むようにしている。事前準備をしっかりとすれば、別に自分の足で回ることもできなくはないけど、ある程度の歳になるとそんなに事前準備に時間をかけられないし、無理してやってみても、逆に効率悪かったり行きたい場所に行きそびれたり、ということも。

なので、現地で申し込んだり、事前に申し込んだり、ホテルのコンシェルジュに頼んだり、形態は様々だけど、個人旅行派の場合でもたまにはこういう便利さを利用されることをお薦めする。なにしろ効率的!便利!

 

結構大きなツアーバスに揺られて、気が付けば港に。このバスのまま船に乗るようだ。ガイドさんから、船にバスごと乗り込んだ後の移動の仕方、席の確保のコツ、下船時の時間厳守など、色々と注意を受けて解散。

船が到着するまでの間、トイレ休憩を兼ねてお土産屋さんが立ち並ぶビルの中へ。
ここではあまり目立ったものはないが、船の中で飲食できるようにお菓子やドリンクを購入。ビクトリア島で買い物をしたいので、とりあえずさらっと散策して、時間まで外でぼーっとした。
日本にもある海なのに、海外だとどこか違う雰囲気が漂っていたりするので、港だろうが浜辺だろうが、私は海を眺めるのが大好きだ。

 

いよいよ乗船!

ガイドさんに言われた通りのコツをうまく活用し、窓側の見晴らしの良い席を確保♪ かなり大きい船でかなり大きな観光バスが何台も地下駐車場に止まっていて驚いたが、実際乗船客もものすごい数(;^_^A しかも、日本人は我々だけのようで、欧米系、アジア系、アフリカ系、中南米系等、その表情や聞こえてくる外国語の種類がものすごいことになっていて、改めてカナダのビクトリアの世界的な人気を知る事となった。ワクワクが止まらないっ♪

海が静かなせいか、揺れは全く無く、船酔いの心配も無い。乗船時間が少し長いが、子供のお遊びエリアもあるし、デッキも広いので、欧米系の皆さんは寝そべって日光浴する人も。とにかく平和(^▽^)/

ゆったりとした乗船時間をしばし過ごした後、下船時間が近づいたので後ろ髪をひかれながら再び地下駐車場のツアーバスへ戻る。それにしても本当に何十台もの観光バスがっ!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 世界中から集まってるな・・・

 

無事にビクトリア島に船が到着し、そのままバスは市街地へ。
いよいよ到着ビクトリアっ!どんな場所なんだろう~っ?????

ネットに住み着いて早幾年の元ライター。双子座A型。東京生まれ、東京育ち。親戚も全員東京なので、東京以外の土地全てに憧れあり。お金と時間さえあればどこかへ旅したいと毎日願っている。以前『たねたん・どっとこむ』内で大人気だった旅行記コーナーの当サイトへの移築作業と、実際の旅行の記録が追い付いていないのが悩みの種。今行きたい場所は天草、出雲、石垣島、オランダ、ブータン。

-カナダ, ビクトリア
-, , , , ,

Copyright© Tabiholic 旅ホリック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.