Tabiholic 旅ホリック

元ライターたねたんの旅の記録とおすすめスポットのご紹介。

https://tanetan.com/tabiholic

海外旅行 米国 ハワイ

【ハワイ】Uberをタクシー代わりに使ってみた。

更新日:

こんにちは、たねたん@tabiholic_)です。

突然ですが、「Uber」をご存知でしょうか?

Uber・・・いわゆる「相乗り(ライドシェア)」の世界最大手。米国のウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスとアプリ。
マックやレストランなどから食事を届けてくれる「Uber Eats」も最近は見かけるようになった。

日本でサービスが開始された当初はだいぶ話題になりましたので、
「名前だけは聞いたことある!」という方も少なくないのではないでしょうか?

ミーハーな私は、使い方も何もわからないまま、
とりあえずアプリだけはスマホに入れておりました(笑)。

今回ハワイに来て、まさかそれを活用することになろうとは・・・!

 

Uberは怪しいタクシーよりも、むしろ安心?!

海外旅行にはだいぶ慣れてきた人でも、「外国でタクシーに乗る」というのは
なかなかハードルが高いと感じてしまうのではないでしょうか。

日本の紳士的なタクシーサービスとは違い、海外の場合、
多くはあまり手入れされていない車に、
明らかに現地生まれではなさそうな人種(出稼ぎ?)の方がハンドルを握っており、
行先のメモを渡しても明確にはわかってもらえず、勿論ナビも設置されていない!
というようなかなり厳しい状況の場合が少なくありません。

かろうじて行先が伝わったように見え、なんとなく発車できたとしても、
目的地に着いた際に法外な料金を請求されるかも、という不安に苛まれ、
車窓の景色も心から楽しむことが出来ない・・・

語学力にある程度自信があれば何かトラブルが起きても
なんとか戦う(笑)ことが出来るかもしれないけれど、
拙い語学力ではそれも叶わず(´;ω;`)ウゥゥ

かといって、歩いていける距離ではないし、
電車やバスが通っているわけでもない。

さて、そんな時、あなたならどうしますか?

 

今回、アロハスタジアムに行く際に、我々のホテルまで徒歩でやってきたイトコのMisa。
(あれ?車は?)と不安に思った瞬間、彼女は一言。

Misa
Uberで行こう!

そう、米国人である彼女にとっては単なる普通のタクシー用アプリだったのでした。

Misa
Uber、スマホに入ってるでしょ?

と、私にそれを使って車を呼ぶように最速する彼女。

い、いやぁ、一応入ってるには入ってるけど・・・
実はこのアプリ、まだ一度も使ったことないのよね(;^_^A

オーマイガッ!┐(´д`)┌というようなジェスチャー。ふ、ふん・・・(-_-;)

Misa
じゃぁ、私が今使ってあげるから、よく見ておいてね!
アメリカ国内にいる時はこれ使うと使わないじゃすごく違うからっ!

Misaはそういうと、スマホに向かい、あっという間に車が到着しました。

は、早い・・・

地元情報は確実!予想以上の楽しい時間に♪

目の前に現れた車の運転手は、笑顔の素敵な20代のアジア系男性でした。

ドキドキしながら私は何故か助手席に。

後部座席の真ん中に陣取ったMisaが行先を英語で伝え、スムーズに車は発車しました。ふぅ。

ドライバーの彼が、英語がNativeな母子と、
明らかな日本人の姉妹の組み合わせを不思議がって我々の素性を質問してきました。

いとこ同士で、日本人とアメリカ人の組み合わせ、
アメリカ人の方は母親が日本人で、彼女たちのお父さんと兄妹だとか、
米国人チームの方はサンフランシスコで生まれ育ってるから
日本語全然できないけど、意外と話してる内容は理解できてるとか、
そんな話を面白おかしく説明すると、
とても興味をもってくれたようで思わぬ質問攻めに。

実は、彼自身もフィリピンとアメリカの間のダブルで、父親が米軍勤めだったせいで、
日本にも住んでいたという話になり・・・!
福生とか立川とか、馴染み深い地名が次々と出てきて、
思わず助手席の私と大盛り上がり大会に(笑)。

その勢いで現地ハワイの様々な最新情報やお薦めスポットも教えてもらい、
予想外の楽しいドライブとなりました♪

その後、姉とふたりだけでレストランに行ったりしたときもUberを使用。
アプリの画面には、ドライバーさんの性別や顔写真なども掲載されるので
迷わずアジア系の女性ドライバーを選択、
会話は全くなくても安心に移動できました(^▽^)/

乗車料金は元々Uberに登録してあったカードから落ちるので、
最悪ドライバーさんと何も話さなくても、
行先さえ教えれば会話なくても大丈夫だし。

タクシーを専業としている方より「お小遣い稼ぎ上等♪」という
気楽な気持ちの運転手さんが多いので、
観光客を胡麻化してぼったくってやろう!という発想がなく、
それよりも気持ちよく使ってもらって、後でチップを加算してもらえたり、
ドライバー評価をあげてもらえれば、その後も暇な時間と車を有効活用できるし、
という合理的ないまどきの考え方の若者が多いようです。

実際、自分の車なので綺麗に磨いて整理整頓してる車も多いらしいし(イトコ曰く)、
英語すら通じがたい怪しいタクシーに乗るよりは、
場所によってはUberを活用した方が楽しい旅になるかもですね!

※あくまでもご自分の責任で使ってくださいませ!
皆様のトラブルには責任はおいませんので~

ネットに住み着いて早幾年の元ライター。双子座A型。東京生まれ、東京育ち。親戚も全員東京なので、東京以外の土地全てに憧れあり。お金と時間さえあればどこかへ旅したいと毎日願っている。以前『たねたん・どっとこむ』内で大人気だった旅行記コーナーの当サイトへの移築作業と、実際の旅行の記録が追い付いていないのが悩みの種。今行きたい場所は天草、出雲、石垣島、オランダ、ブータン。

-海外旅行, 米国, ハワイ
-, , , ,

Copyright© Tabiholic 旅ホリック , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.