Tabiholic 旅ホリック

元ライターたねたんの旅の記録とおすすめスポットのご紹介

九州・沖縄 五島列島 国内旅行 長崎

【五島列島】潜伏キリシタン聖地巡礼の旅 ~1日目(8)~ 水ノ浦教会

更新日:

https://tanetan.com/tabiholic

次に訪れたのが、丘の上に建つ白亜の教会。
かなり大きくてヨーロッパ風。

そういえば、以前ニューカレドニアで訪れた教会にどことなく似ている。
パンフレットによると木造の教会堂としては最大級のものらしい。
近年に改築したのであろうが、とても素敵なデザインである。

お御堂のなかに入っていくと、可愛らしい貝殻が目に付いた。

これは単なるオブジェ、飾りではない。

どの教会の入口にも大抵、水が少量入った器のようなものが置かれているのをご存知だろうか。
これは、信者がお御堂にはいる際に、いわゆる「お清め」の意味で用いるもので、
器の中のの聖水を指先につけ、自分の額から十字を切るのだが、
こちらの水ノ浦教会では、その聖水入れがこのように大き目の貝殻が使われていたのだ。
さすが、島の教会♪やることが可愛い(^-^)

そういえば、先ほど訪れた「三井楽教会」のモザイク壁画も、
島で採れた貝殻で作ったモザイクの壁画だったし♪

【五島列島】潜伏キリシタン聖地巡礼の旅 ~1日目(7)~ 三井楽教会 

神妙な面持ちで十字を切り、改めてお御堂の中の様子に目をやると、
これまた素晴らしい景観にしばし圧倒される。

かつてはこの教会も迫害の舞台となった場所なのであるが、
今ではそれを微塵も感じさせないような、本格的な見事な美しさである。
そしてここも勿論ステンドグラスがとても美しいのだ♪

「教会建築」というと、ついヨーロッパばかりに目がいってしまうが、
こうなると日本も捨てた物ではないっ!
ヨーロッパの人々に自慢したいっ!
(・・・と書いていた私ですが、まさか10年以上後に世界遺産になるとは・・・)

 

で、ここのステンドグラスは珍しく窓の構造になっているので開閉が可能♪
南国の教会としてはいいアイデアかも(^▽^)/。

実は2003年は「ロザリオ年」なので、たくさんのロザリオがどの教会にも飾られている。
こちらの水ノ浦教会でもまさにこちらが飾られていた。

十字架にロザリオが沢山飾られている。信者以外は意味が分からないかもしれない。

ロザリオはラテン語で「バラ園」という意味で、キリスト教では聖母マリアの事も指す。

ロザリオそのものは、仏教でいうところの数珠と同じ意味合いだろうが、
「ロザリオの祈り」といって、先に十字架がついているこのロザリオを手に、
玉の数だけ祈りを捧げることになっている。

イタリア等のヨーロッパの教会巡りをすると、必ず売店でこのロザリオが販売されているが、
キリスト教をよく知らない日本の若者達が流行りのネックレスと思って
買っているのを見ると毎度のことながら残念に思ってしまう(-"-;)。

実際、日本のそういう若者向けのアクセサリーショップには
「絶対これ、本物のロザリオだろっ!?」というものがアクセサリーとして
普通に売られてたりするのも見かけるし。
ま、私も別にだからといってロザリオの祈りをする訳ではないのだがね・・・。

ステンドグラスが素敵だということは前にも書いたが、こんな両サイドや後ろの出入り口の上にも
キュートなデザインが施されて入るので、五島列島で教会巡りをされる方は是非この辺りも
見落とさないで欲しいと思う。

イタリアの教会だと、後ろの出入り口の上には、その教会を建てた当時のお金持ちの顔が
ガッツリ描かれた絵画があったりするのだけど(笑)。

水ノ浦教会

住所: 長崎県五島市岐宿町岐宿1644
電話: 0959-82-0103

 

-九州・沖縄, 五島列島, 国内旅行, 長崎
-, , , , , ,

Copyright© Tabiholic 旅ホリック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.