国内旅行 九州・沖縄 長崎 五島列島

【五島列島】潜伏キリシタン聖地巡礼の旅 ~五島列島に行かねばならないその理由とは?~

https://tanetan.com/tabiholic

五島列島に行く理由

なんだか今年は母との旅が多い(^^;)。しかも今回は母の友達のオバサマ軍団との旅(;^_^A アセアセ。

前回の記事
【長崎】【五島列島】潜伏キリシタン聖地巡礼の旅 旅程表

五島列島の旅の準備から   こんにちは、たねたん@旅ホリック(@tabiholic_)です。 『たねたん・どっとこむ』内の旅行記コーナー『TRAVEL NOTES』でも人気のあった、五島列島 ...

続きを見る

 

今回の旅は、以前教会のシスターをやっていらした方が厳しい修道女人生に終止符を打ち、世俗に戻って来て創設した旅行会社企画による、長崎は五島列島の巡礼の旅。

そう、私は一応カトリック系クリスチャンだったりするわけで、今回旅をご一緒する皆様もみなクリスチャン・・・。「巡礼の旅」というのは本当らしい・・・・・(-"-;)。

今回の旅行に誘われて、断れない理由が「暇だから」の他にもうひとつあった。それは行き先が「五島列島」であったということ!

小学校の自由研究で隠れキリシタン(潜伏キリシタン)を調べて以来、「五島列島」は私にとってまさに聖地のような存在であった。

沈黙 (新潮文庫)

最近海外で映画化されましたが、この本も小学生の頃何度も読みました。

その頃はまだ自分が本当にクリスチャンになるという予定も気持ちもなく、ただ歴史の不思議さ、キリスト教への単純な興味というものでしかなかった。

今思えば、単に占いや宇宙好きな傾向の延長線上にあっただけなのかもしれないのだけど(^^;)

が、調べれば調べる程、ただの不思議大好き感覚とは違った思いがどんどんと募っていく自分に気付くのに、そう時間はかからなかった。

当時親戚のおばさんが隠れキリシタン関係の品々を扱う仕事をしていたこともあり、こんなにも五島列島や隠れキリシタンに心惹かれる私は、いつの日か絶対にその場所を訪れなくてはいけないのだ、と思わずにはいられなかった。

何かが、誰かが私をいつかその場所へ導いてくれるだろう、と思い込みの激しい(笑)当時の私は信じて疑わなかった。

そして苦節●年、やっとそのチャンスが巡ってきたのだ!(((o(*゚▽゚*)o)))

同行者にいささか?マークはあるものの(なんせ母の友人ばかりなので)、まぁとりあえず今回を逃したら次いつチャンスが巡ってくるかわからない。

今回の旅は、なにがなんでも行くしかないのだ。

ちょうど仕事もひと段落した。この数ヶ月忙しくしてた自分へのご褒美を与えてあげるといたしましょう♪

そもそも「五島列島」って?(・_・?)

長崎港から西へ100キロメートル余り、西南から北東へ約80キロメートルに渡って大小127の島々からなる。

列島各地が「西海国立公園」に指定されているので景観は美しいが、隠れキリシタン(潜伏キリシタン)でも有名なその歴史には、長く辛い時代があった。

 

以下のランキングに参加しています! 記事執筆の励みになりますので、よろしければクリックして頂けると嬉しいです♪    

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行・観光(全般)ランキング

それから、Twitterもやっております! フォローして頂ければ、こちらのブログの更新情報が届きますので、(そろそろ更新されたかな?)とチェックする必要が無いので便利です♪

 

-国内旅行, 九州・沖縄, 長崎, 五島列島
-, , , , ,