大好きなモノやコト、あれこれ。

オススメブログ

iPhoneを落としても戻ってくる日本、最高!

更新日:


私のiPhone5s

恥ずかしながらスヌーピー大好きで、ケースもストラップもそれ。

そんなスヌーピー大好きな私、先日、うっかりiPhone5sを紛失!!
その日はいつもと違う場所に休日の朝からお客様訪問をせねばならず、
朝からかなーり焦りまくっておりました(^0^;)




 

FBメッセンジャーに来た、友人からの飲み会への参加表明を確認して
ほっとしながら電車に乗り、空いてる席に座ってこれから打ち合わせする
仕事内容のチェック・・・。

 

ほどなく乗換駅に到着したので降り、次の電車に乗り換えて2駅後に降車。

駅から数分の訪問先にて1時間ほど打ち合わせをし、

また同じルートで駅に戻る。。。。

 

あ、あれ?(^0^;)

さっきスーツの上着のポケットに入れたはずのスマホがないっ?!(; ̄O ̄)

 

駅前のコンビニ入り口の横で必死に2つの鞄の中をごそごそ探し回る私。

どこにもない・・・・・・・。

いつもは鞄の内側ポケットに入れることにしていたのに、

なぜかその日だけはスーツのポケットに。
そのスーツのポケットはとても浅く、

ガラケーなら横にすっぽり収まって落ちないくらいですが、

スマホだと小さくても、なにかの拍子に落ちてしまいそうなのは確か。

(げっ。。。。落としたっ?!)

背中をとても嫌な汗がしたたり落ちます。

その後はずっと生きた心地がしませんでした・・・。

 

 

以下に、無くしたスマホが見つかるまでの道のりを記します。今後の為にご参照を。

いつご自分が同じ悲劇に見舞われるかもわかりませんので・・・。

 


 

①まずは客先の最寄り駅の改札で届けられてないかを訪ねる → 無し
→代わりに、その電鉄会社の落とし物センターの案内チラシを頂く。
→但し、センターに届いて確認出来るのは、落とした翌日の15時以降。

②仕方なく、帰宅。自宅の最寄り駅でも再度訪ねるが、まだ届いておらず。
→スマホのメーカーや型式の他に、通信会社も聞かれます。駅員さんの
中には、通信会社を「メーカー」と言う方もおられますのでご注意を。
私はそこで「アップル」といって、「違う!ドコモとかauとか!」と半ギレされました。

③ドコモへ行き、回線を止めてもらう。今後の可能性や流れについて説明を受ける。
→保障サービス加入の有無や、完全に紛失した場合の新機種への切り替えについて。
→私の場合は、新製品のSEはまだ在庫がなく、今の5sはもう販売中止で、6だと
価格が高い、という三重苦が発覚。悩む。
→しかも、iPhoneはGPSで探してもらえないとか。仕方なく探索サービスに数百円で
加入するも結局見つけられず。
→そもそも、これらの説明を受けるまでに1時間待たされた。回線止めるまでに誰かに
使われて買い物でもされてたらどうするつもり?!(怒)

④最寄りの交番へ届ける。
→遺失物届けを発行してもらう。ここで、上記のスマホケースのデザインについて、
若いイケメンのおまわりさんに聞かれ、めっちゃ恥ずかしい思いをする^^;
→警察に届いた場合、通信会社からお知らせが届く、と説明を受ける。

⑤2日後に電鉄会社の落とし物センターに問い合わせし、届いていることを確認♪
→そこでも、スマホケースとストラップの柄について聞かれる。
→画面ロックの4桁暗唱番号を聞かれた。登録名の確認??


以上が、私のiPhone5sが無事に戻ってくるまでの流れです。
どこぞで日本について捨て台詞を吐いた記事もありましたが、
私はそうは思いません。
落としたスマホがちゃーんと見つかる、そんな日本は最高!と思います。




FP3級を持つ自由人。いろんな仕事してきました。とにかくミーハーなので、常にあちこちにアンテナ張っております♪「たねたん・どっとこむ(https://tanetan.com/)」管理人。

-ハプニング
-

Copyright© オススメブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.