https://tanetan.com/JazzyNight

サックス奮闘記 個人レッスン日誌-秋編-

SAX奮闘記ー個人レッスン日誌・秋編ー 第83日目 ~『LEFT ALONE』を耳コピした結果~

2018年8月14日

2002年10月24日投稿

耳コピの大変さを実感

stevepb / Pixabay

「耳コピ」なる作業の真の大変さを知った一週間。

毎日会社からまっすぐ帰り、ひたすらラジカセに向かって『LEFT ALONE』をリピート演奏で聞く。

当初はCDで聞きながらサックスで一緒に吹きながらやっていたが、CDでは聞きたい場所だけのリピートができないので久々にカセットテープを購入し、録音。

<再生→停止→巻き戻し→再生>の繰り返し。
しかもそのテープの繰り返し作業の合間に自分でも吹いているのだ。こりゃ大変!!
ピアノがあればちゃっちゃとできるのに~。
JMの背後で悲しげに流れるマルちゃんのピアノの伴奏が邪魔をして、私の悪魔の絶対音感を呼び覚ましてしまう。じっと耳をそばだてて聞いていると、いつしか私の耳&脳味噌は ピアノの音を追っていく・・・。 ダメジャン!(T-T)

頭で覚えていくのにも限界が。歳だからっ?!Σ( ̄□ ̄;)

うろたえてる暇はないので、会社帰りに楽譜用ルーズリーフを購入。
しっかし、私の探し方が悪いのか、この代物がまたなかなか手に入らず、実際の購入に至るまで大手文具店をいくつもめぐる羽目になる(-_-;)
※今ではネットで簡単にゲットできるから便利ですね♪

私が子供の頃は、ノートよりはこじゃれたファイルに挟んだりだする事が出来るルーズリーフが大流行だった。普通の縦罫・横罫のものだけではなく、アルファベット学習用とか、メモとして切り取れるものとか、方眼紙とか・・。

そんな中のひとつに、音楽の授業で使える五線譜のルーズリーフも必ず売っていた。
私の地元の小さな文房具屋さんでも必ず売っていたし。
だから渋谷や新宿の超大手の名門文具店でも、絶対取り扱ってるものと思いこんで向かっていったのだが・・・・・・。

ない。ない。どこにもなぁ~いっ(T-T)
散々探して、やっとの思いでどうにかB5版の小さいやつを見つけた。
A4が基本でしょ、と思いながらもやっと久々に出会えたことに感謝♪((^_^;)ほっ)

早速家にダッシュで帰り、普段書き物なんてしない机の上にラジカセと五線譜、筆箱を置き、首からサックスを ぶらさげて、いざ耳コピっ!

とっても早い複雑な演奏の数カ所以外は大体コピれた私。
が・・私以外は読めんな、これ(^_^;)
正しい楽譜の書き方じゃないと思うし・・・・。
一応ドレミの音階は合っていても、テンポの表記がめちゃくちゃなのは一目瞭然。
これで先生のところで演奏するんだろうか・・・・・・(不安)。

 

せっかく耳コピしたのに・・・

max60500 / Pixabay

 

T先生
そうそう、今日CD持ってきてくれました?

レッスンにいくなり、先生からいきなりそういわれた。

えっ?!てっきり先生が持ってくるかと・・。耳コピに散々使ってたからラジカセの中に ずっと入りっぱなしですよぉ。先に言ってくれないとぉ・・・
T先生
そっか~。じゃあしょうがないから、これやるか・・・・・

そういって先生が自分のファイルから取り出したものは・・・・・・!!!Σ( ̄□ ̄;)
なんと、『LEFT ALONE』の完全コピー譜だった!

先生、ひどい!ひどすぎるっ!私の一週間はどうなるのぉ~っ?!

T先生
へへっ、いいでしょ、これ?( ̄ー ̄)ニヤリッ
こっそり隠してたんだぁ~♪

なんという・・・・・。最初にもらったのがテナー譜。そして次が耳コピ。私はこの曲にここ数週間本当に振り回されっぱなしだったのだ。
これ最初っから出してくれればぁ・・・・・(T-T)。
恨めしげに見つめる私に気づいたのか、少々焦った顔で先生がポツリ((((((^_^;)

T先生
・・・っていうか、僕がピアノで伴奏できるかって話なんだよな・・・・

気を取り直し、とりあえずその楽譜を使って先生と一緒に出来るところまで吹いてみることにした。
鬼のように耳コピしてたお陰で8割方メロもテンポも頭に入っている。
でも、やっぱり先生と一緒に吹くとその差は歴然(´ヘ`;)ハァ

T先生
結構イイ感じですね~♪ ただ、あんまり楽譜にとらわれすぎないでね!実際JMも 遅れめ、遅れめで演奏してるから、楽譜の表記よりちょっと長めに、遅れめにかっこつけて 吹くとちょうどイイ感じだと思いますよ。

うむ、確かにそのように吹くとちょうどピッタシ。

ほんでも、ベンドすんごい多いですねえ。上がったり、下がったり。
いい練習になりそうだ~(^。^;)

T先生
ふふふ♪そうでしょう?装飾譜もたっくさんあるし。
この曲マスターしただけですごい上達ですよ♪

うっひゃ、本当だ!私みたいに運指が重い人間には軽くタラタッとやる装飾譜はなかなかのワザ。逆にこれが楽にできるようになれば、握り締め過ぎの運指も軽くなって自由が効く、というものだ。
しっかし、ベンドは・・・・・・。

T先生
大丈夫、大丈夫!
ダァー!とか、バウッ!とかやるだけでいいんだから(o゚▽゚)oニパッ

・・・・んなこと言うたかて、しぇんしぇ~・・・・・

手書きの楽譜は門外不出ですからっ!

stevepb / Pixabay

T先生
ま、とりあえずたくさん練習してくださいねっ♪慣れればできるようになりますから

そうですね・・・。でも、耳コピするのが大変で、
あんまり練習できなかったんですよね~。音符の書き方とかも忘れちゃったし・・・

T先生
えっ?(-_☆)キラーン 自分で書いた楽譜あるの???見せてっ!!!

そう言うなり、先生は楽譜立ての上の私の府楽譜ファイルを突然勝手に漁り始めた。
楽器を片付け始めていた私は大慌て!(;^_^A アセアセ

ギャーッ!!!!せ、先生、やめて~っ!!見ないで~っ!!!

スタジオの外でこの悲鳴を聞いた人はきっと変な想像をしたに違いない・・・・・
実際ドアの外には学校長がいた・・・目が怖かった・・・・違うんだってばぁ・・・(-_-;)

 

 

以下のランキングに参加しています! 記事執筆の励みになりますので、よろしければクリックして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 音楽教室ランキング

 

  • この記事を書いた人

たねたん

JAZZ好き元ライター。『たねたん・どっとこむ』内でのかつての人気コーナー「Jazzy Night」「サックス奮闘記」を現在こちらに鋭意移築中。Sonny Rollinsが一番大好き。最近はライブで生音浴びてないのが悩み。

-サックス奮闘記, 個人レッスン日誌-秋編-
-, , ,

Copyright© Jazzy Night by たねたん・どっとこむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.