Jazzy Night by たねたん・どっとこむ

~ジャズとサックスが大好き♪~

サックス

https://tanetan.com/JazzyNight

サックス奮闘記 個人レッスン日誌2-夏編-

SAX奮闘記ーサックス個人レッスン日誌2 ー夏編ー 第103日目 ~自信をもつ事の大切さ~

投稿日:

2003年5月1日投稿

先生に教えた後は、ハイGに苦しむ

PC

fxxu / Pixabay

T先生
そうそう、ホームページのことなんですけど・・・(^^;)

レッスンの冒頭、いきなり先生が切り出してきた。
先生からサックスを教わってる私は、ホームページのことを先生に教えている。

T先生
なんか最近うまくいかなくて・・・

ああ、それはですねぇ・・・

HPやPCの話になると熱くなってしまうσ(^◇^;)
気がついたら18時からのレッスンが既に30分を回ってしまった。

T先生
あ、すみません、レッスンは今からスタートってことで♪

確かに・・・これじゃあどっちが生徒だか(爆)。

 

 

楽しい時間の後は、苦しい(?)レッスン。

いつものように音出しをし、十分に本体を温めた後、恒例の・・・。

T先生
はい、じゃあハイGやってみます?( ̄ー ̄)ニヤリッ

とうとう今回もこの時間がやってまいりましたぁ~♪∴∵へ(^^へ)(ノ^^)ノ∴∵ ←ヤケクソ

でませんっ!(キッパリ)

T先生
おっと~っ!(^。^;) 吹く前から潔いですねえ(笑)。
でも、そうそうすぐに出たら僕も立場ないってことで・・・(笑)

いえ、多分もう一生でないと思いますっ!段々そんな気がしてきたぁ~(T∇T)
あんなにハイAがすぐにでちゃったからGも同じように・・・と思い込んでたフシがあったので、余計になんかプレッシャーというか・・・

本当に最近練習をするたびにそう思えてきていた。
っていうか、(こんな音でんでもええやろっ!?)と半ばキレかかりなぐらいに(^。^;)。

 

T先生
どれどれ、とりあえずちょっと吹いてみましょうか?

仕方なくパホーっと吹いてみる。いつものように調子が悪い。
はい、毎度のことなんで、もう恥ずかしくもなんともないわ・・・(-_-;)

T先生
ううん、もう少しで出そうなんですけどねえ・・・(; ̄ー ̄A

確実に以前よりは綺麗な音になりつつあるから、めげないでくださいよぉ~

じゃあ、ハイGはそれくらいで、もう曲にいっちゃいましょう♪

 

いやはや、先生稼業も大変である。

自分より何歳も年上のオバチャン生徒の泣き笑いにさえいちいち相手して、諦めさせないよう持ち上げたりしないといけないのだ。
先生、すまんのぅ・・・・・(T-T)

 

『Chicago Song』は自信が大事!

CD

Bru-nO / Pixabay

とりあえずまずはいけるとこまで行っちゃいましょう!
フラジオ無理そうなとこは抜かしていいですから、まずは流れをね♪

『Chicago Song』CDをバックに、先生と一緒に吹く。

 

T先生
もっと音を張って!そんな弱々しく吹かないっ!もっと自信もってパーンとだすっ!歯切れよくっ!スリー、フォー・・・

 

T先生は、自分自身もサックスを吹きながら合間合間にカウントもとり、尚且つ、私のヘナチョコ演奏にも厳しいダメ出しをしてくださる。
本当に凄い・・・(って、感心してる場合かっ?!>自分)

 

T先生
じゃあ、次はひとりで吹いてみましょう!

あ、もっと自信もって大きな音でドーンと吹いてくださいね!
弱く吹くと音も変な音になりますし、これは自己満足の世界に入ったもん勝ち、みたいな曲ですから(笑)。サンボーンの曲はどれもそうなんですよね~(^。^;)

そうだな、確かに(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン。
特にこの曲は明るい曲なんだから楽しく自信もって吹かないと♪

 

フラジオ出来なくてもゴールは近い?!

Free-Photos / Pixabay

 

とりあえず音が出せないフラジオは抜かして(涙)、どんどん先へ進む。

T先生
そうそう、僕も2~3年目だったかなぁ、フラジオが自由に出せるようになったのは・・・。
だから一緒ですよ♪大丈夫っ!

ということは、頑張っていればいつかは私も先生のように、かっこよくスラスラ吹けるようになるんでしょうか・・・(-_-;)はぁ・・・

 

おだてられつつ、気がつけばA4サイズの紙4枚分の楽譜のうち、最後の4枚ぺーじ目の真ん中あたりまで進んでいた。

T先生
おおっ!大分進みましたねえ。あともう少しじゃないですかっ♪
まぁ一番盛り上がるこの部分(と、フラジオ大量部分を指す)はとりあえず置いといて・・・って感じですけどね(笑)。

前にも言いましたけど、全体の流れが分かって、メロが脳味噌にこびりついた時点で、後は運指だけ!

だから出来ない箇所は飛ばして、どんどん先に進んでから戻る、という流れにした方が案外スムーズに行くことも多いですからね。

ええ・・・この前行った平井堅のコンサート中にも、実は『Chicago Song』が脳味噌の中で流れてきて・・・σ(^◇^;)
T先生
( ̄□ ̄;)!!それ、ビョーキ、ビョーキ・・・またいつものがでちゃいましたね(爆)
でもまぁそこまで行ったらゴールは近いっすよ(笑)

もう~っ!早くゴールこっち来ぉ~~~っい!o(><;)(;><)o ジタバタ

 

 

以下のランキングに参加しています! 記事執筆の励みになりますので、よろしければクリックして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 音楽教室ランキング

 

 

 

  • この記事を書いた人

たねたん

JAZZ好き元ライター。『たねたん・どっとこむ』内でのかつての人気コーナー「Jazzy Night」「サックス奮闘記」を現在こちらに鋭意移築中。Sonny Rollinsが一番大好き。最近はライブで生音浴びてないのが悩み。

-サックス奮闘記, 個人レッスン日誌2-夏編-
-, , ,

Copyright© Jazzy Night by たねたん・どっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.